車にかかる税金の種類

猫06車にかかる税金の種類は非常に多く購入時には国税の消費税がかかりますし、陸運局で検査証の発行をしてもらう際には重量税がかかります。また、消費税の増税に伴って2015年10月には増税が予定通りされれば取得税が完全になくなると言われていますが、それでも2014年現在では減税になっただけでまだ残っています。他にも毎年5月ごろに課税される税金がありますし、これを滞納していると検査が受けられないなどの不都合が生じます。道路を走る際に入れるガソリンにも多くの税が課税されてますので、その種類としては8種類から9種類程度、何らかの形で税を払っていると言われています。

 
このように国税や地方税を問わず様々なものを支払っていますが、日本が人口減少時代に転じ、また燃費が悪かったりあるいは維持費がかかるものを避ける傾向が顕著となっているため、徐々に課税するべきものそれ自体が少なくなっていくと考えられています。

 
団塊の世代の現役引退により少子高齢化社会がますます進展していく中で、乗る人自体が少なくなってきていますし、また若い人たちが公共交通機関で移動することができる都市圏などでは、あえて免許自体を取らないという人も増加していますから、課税しても収入が先細りしていくと見られています。