Archive for the ‘未分類’ Category

燃料に対してかかる税金とはどのようなもの?

車の燃料は色々なものがありますが、主なものとしてはガソリンです。このガソリンに対する税金がありますが、それを燃料税と言います。

 
ガソリンの中に含まれる税金は、揮発税と地方道路税です。揮発税は道路の補修工事や建設などに使われています。地方道路税は地方の道路工事などの財源になっています。ディーゼル車の場合はまた別で、こちらは軽油引取税がかかります。LPG車が使う石油ガスに関しては、石油ガス税となっています。これは他の税金と比べると比較的安いです。ちなみに、これらの税金に消費税も足された形で請求されています。

 
これらの税金のためにガソリンが高くなっているため、低公害車を選ぶことが支払いを抑える手段のひとつになります。低公害車はとても低燃費で走るため、あまりガソリンを使いません。また、電気自動車や水素自動車などであれば、ガソリンは全く使わないため、揮発税や地方道路税を払う必要もなくなるのです。その他、低公害車購入のための補助金などもありますし、税金対策も行われているため、燃料費用はとても低コストにおさえられる仕組みになっています。しかし、電気自動車や水素自動車は供給するための場所がとても少ないため、その普及が課題です。

軽自動車税の特徴

軽自動車税の特徴は何と言っても普通自動車の税金に比較して圧倒的に安いことが挙げられます。また、その維持費のうちガソリン代も燃費が非常に良い自動車が多いために、安くて済むというメリットがあります。

猫11
これからの日本は少子高齢化社会で特に高齢者が自動車を運転する機会が多くなっています。無論、高齢者が運転するには危ないからということで免許証を返納するという動きもありますが、返納してしまっては行動ができなくなるという地域も少なくありません。

 
こうした動きに対して外出の際に自動車を運転しようと考えるときに、普通自動車の場合はどうしても大きさが気になる上に、それほど多くの荷物や人を乗せて運転するということ自体が少なくなってきていますから、普通自動車でなくても軽自動車で十分と考えている人が少なくありません。

 
また、軽自動車は車両本体価格が普通自動車から若干安いぐらいまでの物もありますが、一般的には普通自動車に比べれば安くて済むことが挙げられるために、地方で特に普通自動車から軽自動車への買い替えが進んでいると言われています。大手自動車業者も普通自動車の生産と合わせて軽自動車へのシフトを高めている現状があります。

自動車税の特徴

自動車税は、都道府県が毎年4月1日現在の所有者に年度1年間分を課税する地方税です。昔は低公害車などへの軽減税率や、長く乗っていた時の重加算税などがなかった時代もありましたが、ディーゼル車の場合は11年を超えた場合、ガソリン車は13年を超えた場合に1割程度重く課税される制度になりました。

 

 

逆に一定の低公害車を新車で購入した場合、半額などの納税で済むように変更されました。

 
この税制の最大の目的は、基本的には低公害車への乗り換え普及を狙っているといわれていますが、自動車の買い替えをさせることによる自動車需要を掘り起こすのがその主たる目的であると言われています。環境に優しいことよりもむしろ買い替えをさせて自動車業者の内需拡大を狙っているのがその主たる目的です。

猫10
なぜならば、ハイブリッド車は昔は特にそうですが、いくら燃費が良いとは言ってもその内部の機会の取り換え寿命が7年程度と言われており、7年で交換しないといけないのであれば13年間ガソリン車を乗り続けたほうが、ハイブリッドで使われる機械などの廃棄を考えるとガソリン車の方が捨てるものは少なくて済むからです。

 
環境に優しいはずが廃棄しなければならないことを考えると逆に環境に負荷を与えてしまうという欠点があるといえます。

自動車重量税の特徴

自動車を保有するということは毎年自動車重量税を支払う必要が生まれるということを意味しています。この税金は自動車の排気量によって定められた金額を国に納めることが求められており、その税金の支払いをしないと車検を通すことが出来ないという仕組みになっています。そのため毎年5月頃に行われる自動車税の支払いは渋々ながら多くの人が支払いを行っているのです。

 
この税金については時々減税措置が取られています。近年人気になっている低公害車、いわゆる電気自動車やハイブリッド車のように低燃費車に関しては国に納める税金を低減させようという動きがあります。そのため低公害車を新規で購入した場合には初年度の自動車税が半額になるなどの特例措置が引かれています。新車の購入意欲を促進し、公害の低減やエネルギー節約の対策にもなる非常に理にかなった政策として指示されているものがあります。

 
この自動車税は4月の頭の段階での保有状況によって支払い義務の有無が決定するという特徴を持っています。そのため、買い替えを行う場合には3月末までに行っておくのがポイントになります。そうでなければその年の自動車税はとりあえず払わなければならなくなるのです。

自動車取得税の特徴

自動車取得税は、自動車の陸運局での登録をした際に移転登録や新車新規登録、中古車新規登録などで自動車を取得したとみられる際に課税される税金です。

 
この税金は元々自家用車5パーセント、事業用3パーセントで課税されていたものですが、消費税との2重課税であるという非難が元々自動車業界からなされており、2014年の消費増税に合わせて2パーセント分減税されています。さらに2015年の消費税10パーセント増税時には完全になくすという公約が掲げられています。

猫09
そもそもこの税金は、中古車の場合、法定で定められた減価償却によりその価値が50万円以下の場合には、課税されない免税点が設定されています。そのため、中古車を買ったからと言って必ずしも課税されない税金になります。

 
自動車に乗らない若者が増える中、この税金があってもなくなってもそんなにいいことではないと考える人も多く、消費増税の代わりに減税しましたということについて、それほど減税がインパクトを与えるような内容にはなっていません。

 
なお、この税金の支払い方法は、陸運局での登録後に別途都道府県税事務所に申告をしますが、その申告書類に証紙を購入して貼付して申告をするという流れになります。

車の購入時に必要な税金とは?

自動車を購入するにあたり、車両本体価格以外にさまざまな費用がかかってきます。
その一つが税金です。
購入時には、消費税、自動車取得税、自動車重量税、自動車税の4種類の国税・地方税が課せられますが、低公害車に関しては減免措置が適用されます。

 

 

まず、自動車取得税ですが、平成27年3月31日まで60%~100%が軽減されます。通常、購入する時のみに支払う地方税で、車両取得価格に応じて税率が3%と定められています。なお、軽自動車と営業車は2%と異なるほか、取得価格が50万円以下の場合は免税となります。

 

 

続いて自動車重量税は、平成27年4月30日まで50%~100%軽減が軽減されます。通常、自動車の重量に応じて課せられる国税で、車検の有効年数分を前払いするため、自家用車として新車を買った場合は、3年分を先に支払う必要があります。

 

 

最後に自動車税ですが、これは平成26年4月1日~平成28年3月31日までの間におおむね50%~75%が軽減されます。通常、自動車の所有に対する地方税で、自動車の排気量で税額が定められています。新車を購入すると、翌月からその年度の3月までの月割り額を支払わなければなりません。なお、軽減措置は軽自動車は対象外です。

 

 

また、消費税に関しては減免措置の対象にはなりません。車両本体価格やオプションパーツのほか、登録手数料などに課せられます。

低公害車への税金制度

低公害車への税金制度として、購入時の自動車取得税や毎年4月1日の所有者に課税される自動車税について、クリーン税制が設けられています。環境に優しい車として認められたものについて、最初の購入時の自動車取得税が一定の利率分減税となる他、自動車税についても最初の1年間分の課税時に半額程度など税額が安くなる制度が導入されています。

 
逆に自動車税に関しては、環境に優しくなくなるとされるガソリン車は13年越えで、ディーゼル車については11年越えで、逆にこの自動車税が1割程度高くなる税制も導入され、買い替えを促すような制度になっています。

猫08
ただし、2014年4月からの消費税が8パーセントへと増税したことにより、自動車取得税は減税されています。また、2015年10月に予定されている消費税10パーセント増税により自動車取得税そのものが廃止される予定となっています。これはあくまで消費税が2015年10月に10パーセントに引き上げられることにより増税されればという前提であり、景気が悪くなって増税がされない事態になればこの増税をしない可能性もあるとされているため、増税がなされない場合にはこの自動車取得税は廃止されないことになります。

障害者への税金制度

障害者への税金制度としてその状況を示す公的な手帳を持っている人について、自らが運転する自動車や家族が運転する自動車で、症状の程度を示す級数が該当になるなどの条件を満たせば、自動車税や自動車取得税が減税される制度があります。こうした税制配慮により大幅な減税がなされる可能性がありますが、あくまで手帳を持っていることと症状の重さを示す級数が該当にならないとこの制度が使えないという問題があり、また一人について一台までしか認められないということもあります。買い替えなどの場合には申請が改めているという点にも注意が必要です。

 
新車や中古車を購入する場合には、その購入時点で新車新規登録や中古車新規登録、名義変更の手続きがなされるタイミングで、都道府県税事務所の窓口に赴き申請を行うという流れになります。

 
申請を行う前には手帳を持って電話でまずは該当になるかどうかを確認する必要があります。特に3級や4級のラインは微妙なところで、症状の出ている箇所によっては認められる場合とあるいは認められない場合とが混在しているため、よく確認することが大切となります。また、複数個所該当する場合には、合わせて認めるかどうかの判断をする場合もありますので、その点にも言及することが大切となります。

車の維持にかかるコストの全貌

車を購入するにあたり、さまざまな費用がかかってくるものですが、忘れてしまいがちなのが維持費です。
これには、所有する人にかかる税金、燃料費、クルマを置く場所代、保険費用のほか、整備点検費用があります。
それぞれを解説すると、以下のようになります。

猫07
まず、税金においては、4月1日時点にて所有する人に課せられます。
その金額は排気量によって定められており、排気量が上がるほど金額が上がります。

 

また、燃料費とはすなわちガソリン代です。燃費がいいクルマほど、ガソリン代を抑えることが可能です。
クルマを置く場所代については、賃貸する限りは必ずかかります。
地価に左右されるため、地方ほど安く、東京都心部ではかなり高額になってしまいます。
保険は万が一の事故にそなえて加入しておくのが安心です。
高額な損害賠償を請求されることも少なくありません。

 

月々の料金を抑えるコツとしては、代理店を通さずにインターネットで加入するダイレクト系の保険を選びましょう。
なお、クルマの種類によっても保険料は変わってきます。

 

また、整備点検は法律で定められているので必ず受けなければなりません。
お店によって費用にバラつきがあるため、インターネットなどで安いお店を探すのがおすすめです。
クルマを買った後にもこれだけの費用がかかるのですから、維持費のことも頭に入れながらクルマ選びをしましょう。