自動車重量税の特徴

自動車を保有するということは毎年自動車重量税を支払う必要が生まれるということを意味しています。この税金は自動車の排気量によって定められた金額を国に納めることが求められており、その税金の支払いをしないと車検を通すことが出来ないという仕組みになっています。そのため毎年5月頃に行われる自動車税の支払いは渋々ながら多くの人が支払いを行っているのです。

 
この税金については時々減税措置が取られています。近年人気になっている低公害車、いわゆる電気自動車やハイブリッド車のように低燃費車に関しては国に納める税金を低減させようという動きがあります。そのため低公害車を新規で購入した場合には初年度の自動車税が半額になるなどの特例措置が引かれています。新車の購入意欲を促進し、公害の低減やエネルギー節約の対策にもなる非常に理にかなった政策として指示されているものがあります。

 
この自動車税は4月の頭の段階での保有状況によって支払い義務の有無が決定するという特徴を持っています。そのため、買い替えを行う場合には3月末までに行っておくのがポイントになります。そうでなければその年の自動車税はとりあえず払わなければならなくなるのです。

Comments are closed.