燃料に対してかかる税金とはどのようなもの?

車の燃料は色々なものがありますが、主なものとしてはガソリンです。このガソリンに対する税金がありますが、それを燃料税と言います。

 
ガソリンの中に含まれる税金は、揮発税と地方道路税です。揮発税は道路の補修工事や建設などに使われています。地方道路税は地方の道路工事などの財源になっています。ディーゼル車の場合はまた別で、こちらは軽油引取税がかかります。LPG車が使う石油ガスに関しては、石油ガス税となっています。これは他の税金と比べると比較的安いです。ちなみに、これらの税金に消費税も足された形で請求されています。

 
これらの税金のためにガソリンが高くなっているため、低公害車を選ぶことが支払いを抑える手段のひとつになります。低公害車はとても低燃費で走るため、あまりガソリンを使いません。また、電気自動車や水素自動車などであれば、ガソリンは全く使わないため、揮発税や地方道路税を払う必要もなくなるのです。その他、低公害車購入のための補助金などもありますし、税金対策も行われているため、燃料費用はとても低コストにおさえられる仕組みになっています。しかし、電気自動車や水素自動車は供給するための場所がとても少ないため、その普及が課題です。

Comments are closed.