障害者への税金制度

障害者への税金制度としてその状況を示す公的な手帳を持っている人について、自らが運転する自動車や家族が運転する自動車で、症状の程度を示す級数が該当になるなどの条件を満たせば、自動車税や自動車取得税が減税される制度があります。こうした税制配慮により大幅な減税がなされる可能性がありますが、あくまで手帳を持っていることと症状の重さを示す級数が該当にならないとこの制度が使えないという問題があり、また一人について一台までしか認められないということもあります。買い替えなどの場合には申請が改めているという点にも注意が必要です。

 
新車や中古車を購入する場合には、その購入時点で新車新規登録や中古車新規登録、名義変更の手続きがなされるタイミングで、都道府県税事務所の窓口に赴き申請を行うという流れになります。

 
申請を行う前には手帳を持って電話でまずは該当になるかどうかを確認する必要があります。特に3級や4級のラインは微妙なところで、症状の出ている箇所によっては認められる場合とあるいは認められない場合とが混在しているため、よく確認することが大切となります。また、複数個所該当する場合には、合わせて認めるかどうかの判断をする場合もありますので、その点にも言及することが大切となります。

Comments are closed.